みんなのSDGs ロゴ画像

関連イベント

みんなのSDGs主催「SDGsと新型コロナ」
オンライン・セミナー第5回のお知らせ


趣旨:

・ SDGsの実施状況をレビューするグローバル・レベルでのフォローアップ・プロセスとして毎年7月にニューヨークで開催される国連ハイレベル政治フォーラム(High Level Political Forum : HLPF)では、毎年希望する国が自発的国家レビュー(Voluntary National Review : VNR)を実施することになっており、本年(2021年)7月に予定されている次回の閣僚級HLPFでは日本政府がVNRを実施する予定となっています。

・「みんなのSDGs」がこれまで開催した「SDGsと新型コロナ」シリーズでは、新型コロナウイルスの感染拡大により一層重要になってきた「誰一人取り残さない」という考えの下、在日外国人や”障がい課題”に関する様々な実態や支援のための課題を共有し、「いまだからこそSDGs」の視点で議論を重ねてきました。

・「誰一人取り残さない」がSDGsのスピリットです。第5回のオンラインセミナーでは、日本政府が実施するVNRに、「取り残されがちな人々」の置かれた状況やその取り組みが反映され、SDGs達成に向けて取り残される課題がなくなるよう、「誰一人取り残さない」進捗管理・モニタリングのあり方について議論します。

概要:
・日時:2021年2月22日(月) 18:30-20:30
・開催形式:マイクロソフトTeamsによるオンラインセミナー
・タイトル:「だれ一人取り残さないSDGs進捗評価:日本の自発的国家レビュー(VNR)に向けて」

プログラム:
第一部:以下3名の方に1人20分ずつ各テーマについてお話しいただき、各報告の後に質疑応答を行います(75分)。

 1) 日本政府によるSDGs達成に向けた進捗管理・モニタリングの検討状況について
 稲場 雅紀(一般社団法人 SDGs市民社会ネットワーク政策担当顧問/SDGs推進円卓会議構成員)

 2) 日本政府のVNRから取り残されがちな課題について(障害などの観点から)
 勝又 幸子 氏(一般社団法人 ヒューネットアカデミー代表理事)

 3) 当事者・市民が課題を前に進めた事例:LGBTの人権の取り組みと評価・指標の活用
 松中 権 氏(グッド・エイジング・エールズ代表)

第二部: パネル形式で、SDGsの取組から誰一人取り残さないための進捗管理・モニタリングのあり方(プロキシー指標(代替指標)の設定、定性的な評価を含めた指標によらない進捗把握の方法等を含む)について意見交換を行います。参加者からの質問にも一部答えます(35分)。
モデレーター:佐藤 寛(国際開発学会社会連携委員会/アジア経済研究所)
閉会あいさつ:池上 清子(プラン・インターナショナル・ジャパン理事長/長崎大学熱帯医学グローバルヘルス研究科教授)

参加申込は以下のフォームからお願いいたします。
https://forms.gle/Mc4bQKFfBoMCdJt8A
期日が近づきましたら、ご登録いただいたメールアドレス宛にマイクロソフトTeamsのリンクをお送りします。

*みんなのSDGs」はSDGsの推進にコミットする複数の団体の緩やかな意見交換フォーラムです。
 http://www.our-sdgs.org/

みんなのSDGs主催「SDGsと新型コロナ」
オンライン・セミナー第4回のお知らせ


趣旨:

・新型コロナウィルスの感染拡大により、最も打撃を受けているのは子ども、高齢者、障がいを有する人 (特に女性)、移民、難民などの脆弱な人々であり、SDGsの目標4,8,10にあたる教育、雇用、不平等において特に影響が出ているといわれています。(SDGsレポート2020 (UNDESA、7月7日))。

・障がいを有する人は取りのこされやすい状況にあり、感染リスクも相対的に高いといわれています。理由は、①衛生管理のための物理的バリア、②ソーシャルディスタンス確保の困難さ、③杖やデバイスなどへ接触する必要性、④情報アクセス、⑤基礎疾患の悪化、⑥医療へのアクセスの困難さ、⑦介護・介助などサービスの継続やアクセスの困難さなどがあげられています (WHO資料:「新型コロナウィルスCOVID19アウトブレイク中の障がいにおける懸念事項」JANNET訳)。

・これまで開催した「SDGsと新型コロナ」シリーズでは、在日外国人を取り残さないために、様々な実態や支援のための課題を共有し、いまだからこそSDGsの視点で議論をかさねてきました。今回は"障がい課題"に焦点をあてて、リアルな課題とその解決に向けたアクションなどについて議論したいとおもいます。

 ※参加にあたり、情報保証など各種支援が必要な方は申込フォームにご記入ください

概要:
・日時:2020年12月4日(金) 18:30-20:30
・開催形式:マイクロソフトTeamsによるオンラインセミナー
・タイトル:「SDGsと新型コロナ:"障がい課題"を取り残さないために」

プログラム:
第一部:  以下3名の方に1人20分ずつ「コロナで影響を受けている"障がい課題"とアクション」についてお話しいただき、各報告の後に質疑応答を行う (75分)。

 1) 障がいを持つ児の教育分野での現状と取り組み:井上一 氏(星槎グループ 本部長)
 ADHD、 LD、自閉症など発達障害があっても教育の機会を提供し、とりのこさない活動を続ける星槎グループ。コロナの拡大における影響や、児童と家族への取組について教育の視点から報告いただく。  

 2) 障がいを持つ人の生活と雇用を守る:松井亮輔 氏(法政大学名誉教授/日本障害者リハ協会 副会長)
 経済活動の低迷により障がい者の雇用へさらなる影響が出ている。障害者雇用促進にむけた国レベルでの政策提言活動の現状と具体的な取り組みについて報告いただく。

 3) 不平等な障がい 権利条約と政策への取り組み:秋山愛子 氏(国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP))
 権利条約の批准と国内課題での進展にむけてワーキンググループなどで議論をかさねてきた統計に関する検討。障がいを持つ人がとりのこされないために取り組むべきアクションについて。

第二部: パネル形式で、コロナ感染拡大の再来・遷延とその先に備え、"障がい課題"を取り残さないために実践すべきアクション(教育の提供体制や諸制度とその運用の改善、共生社会達成に向けた取り組み、今だからこそSDGsを使ってできること)について意見交換を行う。参加者からの質問にも一部答える (35分)。

総合司会:池上 清子 (プラン・インターナショナル・ジャパン理事長/法務省難民審査参与員)
モデレーター:伊藤 智典 (JANNET障害分野NGO連絡会/日本理学療法士協会)

参加申込は以下のフォームからお願いいたします。
https://forms.gle/i2unnWVt6kjmCL1Q6
期日が近づきましたら、ご登録いただいたメールアドレス宛にマイクロソフトTeamsのリンクをお送りします。

*みんなのSDGs」はSDGsの推進にコミットする複数の団体の緩やかな意見交換フォーラムです。
 http://www.our-sdgs.org/

みんなのSDGs主催「SDGsと新型コロナ」
オンライン・セミナー第3回のお知らせ


趣旨:
・ 新型コロナ感染の拡大は、社会のあらゆる人たちの生活に影響を与えているが、とりわけ深刻な状況にあるのが在日外国人である。なかでも、技能実習からの失踪者、コロナの打撃を受けた業種で働く日本語学校の留学生や日系人、難民申請者らが最も深刻な影響を受けており、「3ない」(情報がない、住居がない、身分がない)状況にある人たちも多いと言われている。

・ 8月27日に実施した 「SDGsと新型コロナ:在日外国人を取り残さないために (生活編)」 では、こうした人たちの実態と支援のための課題が共有され、外国人と接点を持つ日本人の役割、行政機関・自治体との協働、国際基準とのギャップを埋める必要性、支援される外国人・支援する日本人という見方からの脱却、移民が教えてくれる共生社会の姿とSDGs等について議論が行われた。

・ これらを受けて第3回セミナーは、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とSDGsの観点から、コロナで深刻な影響を受けている在日外国人が保健医療にアクセスする上での課題と対応について議論する。

概要:
・日時:2020年10月7日(水) 18:30-20:30 
・開催形式:マイクロソフトTeamsによるオンラインセミナー
・タイトル:「SDGsと新型コロナ: 在日外国人を取り残さないために (保健医療アクセス編)」

プログラム:
第一部:  以下3名の方に1人20分ずつ「コロナで深刻な影響を受けている在日外国人が保健医療にアクセスする上での課題と対応」についてお話しいただき、各報告の後に質疑応答を行う (75分)

1)在留資格と保健医療へのアクセス: 大川昭博氏(外国人医療生活ネットワーク)
 在留資格によって大きく左右される諸制度の適用と現場運用の実態、とりわけ新型コロナ感染拡大で浮き彫りにされた、入管通報を含めた非正規滞在関連課題や難民申請者の置かれた状況

2)保健医療へのアクセスが困難な事例から見えてくるもの: 沢田貴志氏(港町診療所/SHARE)
具体的な事例から見えてくる、新型コロナ感染拡大状況において在日外国人が必要な保健医療サービスにたどり着くまでの様々なバリアとその克服策

3)外国人相談と保健医療へのアクセス: 新居みどり氏(国際活動市民中心 CINGA)
健康問題と在留資格・労働・教育・生活の課題が絡み合った諸事例に対応する外国人相談の役割、とくに東京都の新型コロナ電話相談の取組みと、地方における外国人相談の課題と展望

第二部:パネル形式で、コロナ感染拡大の再来・遷延とその先に備え、保健医療へのアクセスを確保するためにすべきこと(諸制度とその運用の改善方策、多文化共生推進の一環としての外国人相談の役割と展望、今だからこそSDGsを使ってできること)について意見交換を行う。参加者からの質問にも一部答える (35分)。

モデレーター 佐藤寛 (国際開発学会社会連携委員会/アジア経済研究所)

*「みんなのSDGs」はSDGsの推進にコミットする複数の団体の緩やかな意見交換フォーラム http://www.our-sdgs.org/

参加申込は以下のフォームからお願いいたします。
https://forms.gle/K4mukPExN8uxzRk4A
期日が近づきましたら、ご登録いただいたメールアドレス宛にマイクロソフトTeamsのリンクをお送りします。

みんなのSDGs主催「SDGsと新型コロナ」
オンライン・セミナー第2回のお知らせ


趣旨:
・ 新型コロナ感染の拡大は、社会のあらゆる人たちの生活に影響を与えているが、とりわけ深刻な状況にあるのが在日外国人である。なかでも、技能実習からの失踪者、コロナの打撃を受けた業種で働く日本語学校の留学生や非正規雇用の定住外国人、難民申請者らが最も深刻な影響を受けており、「3ない」(情報がない、住居がない、身分がない)状況にある人たちも多いと言われている。こうした人たちへの緊急支援は喫緊の課題であり続けている。

・ その一方で、緊急事態宣言が解除され経済活動が徐々に再開される中、ポストコロナの社会の在り方を見据えつつ新型コロナ感染拡大の第二波に備える上で、生存が脅かされるような在日外国人を再び生み出さないために何が必要なのかについても、今、考える必要がある。また、新型コロナ感染拡大を機にあぶりだされた、多文化共生社会に向けての課題や、透明で説明責任のある参画型意思決定の在り方についても検討すべき時だろう。

目的:
本セミナーでは、とくに生活面で新型コロナ感染拡大の深刻な影響を受けた在日外国人の実態と対応、並びに、第二波とその先に備えて何をしなければならないのかについて議論する**。

概要:
・日時: 2020年8月27日(木)15時~17時 
・開催形式:マイクロソフトTeamsによるオンラインセミナー
・タイトル 「SDGsと新型コロナ: 在日外国人を取り残さないために (生活編)」

プログラム:
第一部: 以下4名の方に1人15分ずつ「新型コロナ感染拡大の在日外国人への社会経済的影響と対応」についてお話ししていただき、各報告の後に簡単な質疑応答を行う (80分)
 1)外国人コミュニティの視点: ジギャン・クマル・タパ氏(公益財団法人かながわ国際交流財団)
 2)外国人コミュニティの視点: ド・ヴァン・トゥアン氏(在仙台ベトナム人協会)
 3)包括的電話相談の視点~外国人と日本社会の橋渡し~ 新居みどり氏(CINGA)
 4)労働・法的支援の視点~現場課題を地球規模の視野で考える~ 鳥井一平氏(移住連・全統一労組)

第二部:パネル形式で、コロナ感染拡大第二波とその先に備えてすべきこと(外国人の生活支援・雇用・法的支援等へのアクセス、多文化共生社会づくり、透明で説明責任のある参画型意思決定等)について意見交換を行う。参加者からの質問にも一部答える (30分)。

モデレーター 佐藤寛(アジア経済研究所)

*「みんなのSDGs」はSDGsの推進にコミットする複数の団体の緩やかな意見交換フォーラムhttp://www.our-sdgs.org/
**なお、本セミナーの議論を踏まえて、次回以降に 「SDGsと新型コロナ: 在日外国人を取り残さないために (保健医療編)」(仮題)を開催予定。

事前申し込みは以下のフォームからお願いいたします。
https://forms.gle/Brv44bsVwJBoT8h49
マイクロソフトTeams へのリンクは、期日が近づきましたらEメールにてお送り差し上げます。

みんなのSDGs主催「SDGsと新型コロナ」
オンライン・セミナー第1回のお知らせ


趣旨:
新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大で、地球上のすべての経済・社会活動は大きな制約を受けています。こうした状況下で近年盛り上がりを見せていた2030年までのSDGs(国連持続可能な開発目標)達成へ向けた努力も、しばし脇へ追いやられがちです。「今は緊急事態なのだから、SDGsは後回し」と考える人がいるのも事実です。しかし、「アフターコロナ」「新日常」「Build Back Better(以前よりも良くなる復興)」という言葉も聞かれる中、その新たな日常はまさにSDGsの理念に合致したものであるはずです。だから今こそSDGsの精神にしっかり根差したコロナ対策を講じるべきだ、という意見ももっともです。

そこで、日常的にSDGsにあまり関心を持っていない人も含めて、多くの人に「新型コロナ対策の中心にSDGsを据えるべき」という議論が、どれほど説得力を持つのか、持たせるためにはどうすればよいのか、を関係者間で情報交換・意見交換する場として「SDGsと新型コロナ」オンライン・セミナーシリーズを企画します。本セミナーはその第1回です。

概要:
・セミナータイトル:SDGsと新型コロナ: 「それどころじゃない!」vs「いまだからこそ!」
・日時:2020年7月3日(金)15時~17時 
・マイクロソフトTeamsを利用したオンラインセミナーとして開催(リンク先は以下)
 Microsoft Teams 会議に参加
・マイクロソフトTeamsによる接続開始時間:14時半(開始30分前)
・参加費用:無料(メール末尾のリンクから事前申し込みをお願いします)

プログラム:
第一部:講演
・北郷美由紀氏(朝日新聞) (仮題)コロナ下で新聞読者のSDGs関心は薄れているのか?
・五石敬路氏(大阪市立大学大学院都市経営研究科) コロナ下のSDGsと地方自治体
・西原智昭氏(星槎大学共生科学部) マルチ視点の必要な森林保全と感染症
・下田屋毅氏(ASSC)  (仮題)コロナ下のSDGsと企業のサプライチェーン

第二部:パネル形式で意見交換を行う(参加者からの質問にも一部答える。
「それどころじゃない!」という意見にどう反論するかをパネリストに聞く。)
モデレーター 佐藤寛(アジア経済研究所)

*「みんなのSDGs」はSDGsの推進にコミットする複数の団体の緩やかな意見交換フォーラム。
**今後、「SDGsと新型コロナ」をテーマにさらに外国人、見えないホームレス、
 障がいなどの各論についてセミナーを実施していく予定。
 今後の企画については、以下リンクを参照。http://www.our-sdgs.org/

事前申し込みは以下リンクからお願いします。
https://forms.gle/Evr1BYtANjqkerLh8

「みんなのSDGs」シンポジウム
評価指標、バックキャスティングと日本の「SDGs実施指針」改訂

SDGs達成に向けた日本の国家戦略として2016年末に制定された「SDGs実施指針」が、この12月に改定となります。

季節外れの巨大台風をはじめ、私たちの生活にも大きな影響を与えている気候変動や、プラスチックをなどの廃棄物やフードロスの問題、世界的に見ても劣悪な状況にあるジェンダー格差など、日本でも、SDGsの達成と持続可能な社会・環境・経済の実現のために、高い目標と、達成度を測る指標を立てて実践しなければならない課題は多くあります。

現行のSDGs実施指針は、高い目標とバックキャスティングでの取り組み、という、SDGs達成に向けた実践の「あるべき姿」に照らして、十分なものとは言えません。本シンポジウムでは、特に貧困や格差の問題、ジェンダーの課題、環境・気候変動の課題について、指標設定やバックキャスティングな実施の在り方について、パネリストとともに議論を深めていきたいと思います。

ご関心の皆様ぜひご参加ください。ご参加にあたっては、以下の案内をお読みの上、申込フォームにご登録お願いいたします。

概要:
(1)日時:11月1日(金)18:00~20:30
(2)場所:聖心女子大学、聖心グローバルプラザ(4号館)、ブリット記念ホール 東京都渋谷区広尾4-3-1
   https://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/
(3)主催:みんなのSDGs(SDGs市民社会ネットワーク、JANIC、JANNET、国立国際医療研究センター、JICA、国際開発学会、日本国際保健医療学会などが、日本におけるSDGsへの興味や関心を高めていくために立ち上げたフォーラムです)。
(4)共催:SDGs市民社会ネットワーク、国際開発学会社会連携委員会、聖心女子大グローバル共生研究所

プログラム案:
モデレーター:稲場雅紀氏(SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事)
18:00-18:05 開会あいさつ;明石秀親氏(みんなのSDGs事務局長)
18:05-18:35 講演;高須幸雄氏(元国連大使)
       「SDGsのモニタリングと日本の人間安全保障指標」
18:35-19:05 講演;石本めぐみ氏(ウィメンズアイ代表理事)
       「ジェンダー指標と女性のエンパワーメントの実践」
19:05-19:35 講演;江守正多氏(国立環境研究所)
       「気候変動対策におけるバックキャスティングとSDGs」
19:35-19:45 休憩
19:45-20:25 パネル討論(登壇者:稲場氏、高須氏、石本氏、江守氏)
20:25-20:30 閉会あいさつ;明石秀親氏(みんなのSDGs事務局長)

参加するには:
以下リンクから事前申し込みをお願いします。参加は無料です。
https://forms.gle/vknm7LKRk8eoitZR9

「みんなのSDGs」シンポジウム
貧困、外国人と我が国のSDGs実施指針の改定

1.シンポジウムの位置づけ:
以下のような2つのシンポジウムを実施し、我が国のSDGs実施指針の改定に向け、「みんなのSDGs」として意見出しを行う。
1) 貧困、外国人と我が国のSDGs実施指針の改定(仮題):2019年10月4日(金)(本シンポジウム)
2) 評価指標と我が国のSDGs実施指針:2019年11月1日(金)

2.趣旨:
2016年に策定された日本の持続可能な開発目標(SDGs)実施指針であるが、本年2019年9月の首脳級国連ハイレベル政治フォーラムでの進捗報告を経て、年末までに改定される予定である。本シンポジウムは、SDGs実施指針改定において「誰も取り残さない」というSDGsの理念に照らし、取り残されることが危惧される貧困者、外国人の現状を明らかにし、指針改定に向けた意見出しにつなげるために実施する。

3.概要:
(1)日時:10月4日(金)18:00~20:30
(2)場所:聖心女子大学、聖心グローバルプラザ(4号館)、ブリット記念ホール 東京都渋谷区広尾4-3-1
   https://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/
(3)主催:みんなのSDGs(SDGs市民社会ネットワーク、JANIC、JANNET、国立国際医療研究センター、JICA、国際開発学会、日本国際保健医療学会などが、日本におけるSDGsへの興味や関心を高めていくために立ち上げたフォーラムです)。
(4)共催:SDGs市民社会ネットワーク、国際開発学会社会連携委員会、聖心女子大グローバル共生研究所

4.プログラム案:
モデレーター:佐藤寛氏(ジェトロ・アジア経済研究所)
18:00-18:05 開会あいさつ;明石秀親氏(みんなのSDGs事務局長)
18:05-18:35 講演;大西連氏(自立生活サポートセンター・もやい理事長)
       「日本国内の貧困と社会保障制度の現状と課題」(仮題)
18:35-19:05 講演;小森雅子氏(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ スタッフ)
       「シングルマザーの貧困の実態と対策」(仮題)
19:05-19:35 講演;山岸素子氏(移住者と連帯するネットワーク(移住連)事務局長)
       「我が国の移民・移民ルーツをもつ人びとの権利と尊厳」(仮題)
19:35-19:40 休憩
19:40-20:25 パネル討論(登壇者:佐藤氏、大西氏、小森氏、山岸氏)
20:25-20:30 閉会あいさつ;大橋正明氏(聖心女子大学グローバル共生研究所所長)

5.参加するには:
以下リンクから事前申し込みをお願いします。参加は無料です。
https://forms.gle/cuH8C8WXjc7H9dWcA